スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 【今年も色々とお世話になりました!】  TopPage  【NORDST HEIMDALL】購入とケーブル店頭視聴 >>

コメント

MBA-1 Platinum Edition

はじめまして。当方東京在住のオーディオフアイルです。いつも面白いブログ楽しませていただいています。当方もMBA-1 Platinum Editionを使っており、セッティングをどうしたらいいものか、いろいろやっています。ヘッドホンはDenonのAH-D7000をバランス化したものです。電源ケーブルはとりあえずJorma AC LANDAです。付属の足をやめて、クリプトンのチタンインシュレーターをはかせると高域の伸びが自然でかつ、低域が安定したようです。しかし、これがベストとも思えないので、これからもいろいろブログの方で試したことなど教えてください。

2009.12.30   MPS-5   URL   編集

自分は、作ってもらったオーグPt+オヤイデP/C-004電源ケーブルとインコネがE-SQUAREのLUNEです。
この環境の音の締まりと空間表現が好みです。
E9バランスとE8バランスの個性の違いが面白いです。(E8の方がモニター的性格だったりします)
T-1も相性悪くないですよ。

それでは良い御年を

2009.12.31   たけ   URL   編集

例のアルプスの**!

どうも!お久ぁ~!

とうとうMBA-1 Platinum Edition withアルプスの** (注意 **は少女以外で!)
をご購入おめでとう!

MY3000とリンクなんて贅沢な.....!!

実は私も先日もう一度,お菓子屋にてそれを試聴して他を追撃させない増幅能力を
再確認いたしやすたぁ~!

実は私もそろそろまじめにHPAを考えており

その候補がまさにそれ!表現力がいいなぁ~で罠に...。

HDPをD7000で聴く限りでは,増幅度が不足していたのでゲイン調整が必要かなぐらいです気になるところは。

で妄想としては,

PCトラポ→DDC→MY3000(これもARKさんと同じ機種)→そのwithアルプスの**→ED9
で揃えたい!DDCはイタリアの192kHzSが候補になるか?

不確定要素としてDDC+DAC+HPAの機種もちらほらしているのでそのことも気になる。

例えばonixDAC-25(鬼にキス?)とか
でも,イギリスサウンドで解像度とか空間が比較的いいほうなんだけど。高域のキラキラがちょっとなぁーって感じ。

ということで,良いお年を!!

2009.12.31   PIPI   URL   編集

>>MPS-5さん

ヨルマの AC LANDAとは、こだわってらっしゃいますね!
スピーカー環境でしか聴いたことがないですが、
あの中高域の透明感は好きです。

自分の方こそ、足回りのことなど聞かせて頂いて参考になります。
金属系のインシュレーターを試して見たくなりましたw

自分はメインがバランスEdtion9ですんで、
このアンプで中域を犠牲にせずに低域の量感を減らすのは無謀、
選択ミスと言われてしまいそうですが、
少しづつ詰めて行こうかと思っています。

これからも宜しくお願いします!

2009.12.31   ARK   URL   編集

>>たけさん

プラチナな組合せの電源ケーブルですね!
MBA-1Pとの組合せだと中低域の厚みや密度感、立体感が
良さそうだなと勝手に妄想してしまいますw
(C/P-004の音傾向しか知らないのであくまで妄想ですが…)

自分はシングルエンドのE8しか聴いたことがないですが、
確かにE9よりもモニタ的な印象ですよね。
たけさんのこと、E8も標準ケーブルのままではないのでしょうか。

たけさんも良いお年を!!

2009.12.31   ARK   URL   編集

>>PIPIさん

お久しぶりです~。

買ってしまいました!
この所相当ハイペースなんで、来年は少し控えめにしないといけないですよ~。

ウチだとE9でハイゲインの時にボリュームは9~10時の間くらいなので、
確かにゲインは少し低いかもですね。

hiFace気になりますね。
自分は来年聴きに行ってきます。
光出し出来れば、USBケーブルを間に噛ませて、
ポータブルに使って見たかったんですがそこが残念…。

onix、音を聴いたことがないのですが、
雑誌等でコストパフォーマンスが良さそうだなと思ってました。
DACとしての実力はいかに?

2009.12.31   ARK   URL   編集

あけおめ!

今年もよろしくお願いしますね。

そうそうMBA-1Pのゲインの件ですが、よく
考えれば、バランスにシングル接続してい
るわけだからゲインが不足するのは当然で
したね。

失礼!だからVR位置は15時を回って
おりました。

話変わりますが、金欠でAET SINうっぱら
いました。いつもより高額特典になっていてラッキーでした!

お店の人の話でもやはりこの時代が頂点だよって教えてもらえました。今のは、だめっぽだそうです!

onixのDACとしては、ポータブルよりは実力
あるとは思います。各サンプリングごとで音の違いがはっきりわかるから。でも、MY-D3000は絶対に超えられないかと。

ただ、USB入力でも192kHzSは魅力でした。

2010.01.02   PIPI   URL   編集

>>PIPIさん

自分も書き忘れてしまいましたが、
E9はシングルエンドではなくバランスでした。

ウチはシングルエンドのHFI680(75Ω)で10~11時位ですんで、
フジヤの展示品はゲイン設定が低いんでしょうか…。

SINはラッキーでしたね!
(電源ケーブルの方ですよね?)

最近は新製品(特に切り売り)が少なくなって、
あの頃のドキドキ感が無くなって来たかもしれないです。

onixのDAC-25、USB入力でも192kHzに対応しているし、
サンプリングレートコンバーターも結構良いのを乗せてるんですね。

2010.01.04   ARK   URL   編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010.05.01      URL   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます…

・2012.11.21

トラックバックURL
http://ark2t.blog106.fc2.com/tb.php/34-d46194fe


【Intercity MBA-1 Platinum Edition 導入】

今年最後の大物です。

以前から欲しい、買うと宣言していたのでバレバレだったかもしれませんね。

【Intercity MBA-1 Platinum Edition 】を導入しました。



実は、秋のヘッドホン祭りの前からMBA-1Sの購入を検討しておりました。

と言うのも、友人から貸して頂いた【Intercity MBA-1S(RC0) 】を
自分の【Glasstone MY-D3000】と組み合わせた時に、
きちんと上流の情報量を生かせているなと感じたからです。

【HeadRoom Balanced Home Amp (Home モジュール)】は、
MBA-1Sに比べると上流の情報量を生かしきれていない印象でした。


もちろん、MY-D3000とBalanced Home Amp(以下 BHA)の組合せは、
独特の魅力があり手放したくない組合せです。

D3000 の情報量と開放形のヘッドホンの様な音の広がり、
Balanced Home Amp(以下 BHA) の輪郭を強調するタイプの分離感・背景との
コントラストの良さとが相まった、スッキリと見通しが良く透明感があるのに、
音の密度が薄くならないという音はとても気に入ってます。

音色としては手持ちの中では一番好きかもしれないです。
(人によっては、モニタ的過ぎると評価が分かれるかもしれないですが…)

ただ、中低域の柔らかさや量感を背景にした音の厚みとは異なる、
情報量を背景にした音の密度感をMBA-1Sから感じました。


そういう理由から、MBA-1Sの購入検討をしている所に
秋のヘッドホン祭りで【MBA-1 Platinum Edition 】(以下MBA-1P)が発表されました。

MBA-1Sよりも半歩引いた音場の広がりとより明確な定位、そして音の密度感も
MBA-1S以上でした。

確かに中~高域の音抜け・透明感は、Balanced Home Ampに譲るかもしれませんし、
高域の伸び・鮮やかさを重視したアンプではないかもしれません。
自分の音の好みど真ん中でもありません。

でも、この密度感に何かとても期待させてくれる物を感じ、
これならば買っても良いかなと思い導入となった次第です。


現在は、低域の量感を押さえるため三菱電線の電源ケーブル、PC-1を暫定使用中です。
この電源ケーブルは低域の量感を抑えて、高域の伸び・鮮やかさを強調するのですが、
中・低域の質感が少し犠牲になってしまうので、マッチする電ケーを思案中なのです。

もう少し使い込んで詳しい音の感想を書きたいと思います。
今日はここまでという事で…。

<< 【今年も色々とお世話になりました!】  TopPage  【NORDST HEIMDALL】購入とケーブル店頭視聴 >>

コメント

MBA-1 Platinum Edition

はじめまして。当方東京在住のオーディオフアイルです。いつも面白いブログ楽しませていただいています。当方もMBA-1 Platinum Editionを使っており、セッティングをどうしたらいいものか、いろいろやっています。ヘッドホンはDenonのAH-D7000をバランス化したものです。電源ケーブルはとりあえずJorma AC LANDAです。付属の足をやめて、クリプトンのチタンインシュレーターをはかせると高域の伸びが自然でかつ、低域が安定したようです。しかし、これがベストとも思えないので、これからもいろいろブログの方で試したことなど教えてください。

2009.12.30   MPS-5   URL   編集

自分は、作ってもらったオーグPt+オヤイデP/C-004電源ケーブルとインコネがE-SQUAREのLUNEです。
この環境の音の締まりと空間表現が好みです。
E9バランスとE8バランスの個性の違いが面白いです。(E8の方がモニター的性格だったりします)
T-1も相性悪くないですよ。

それでは良い御年を

2009.12.31   たけ   URL   編集

例のアルプスの**!

どうも!お久ぁ~!

とうとうMBA-1 Platinum Edition withアルプスの** (注意 **は少女以外で!)
をご購入おめでとう!

MY3000とリンクなんて贅沢な.....!!

実は私も先日もう一度,お菓子屋にてそれを試聴して他を追撃させない増幅能力を
再確認いたしやすたぁ~!

実は私もそろそろまじめにHPAを考えており

その候補がまさにそれ!表現力がいいなぁ~で罠に...。

HDPをD7000で聴く限りでは,増幅度が不足していたのでゲイン調整が必要かなぐらいです気になるところは。

で妄想としては,

PCトラポ→DDC→MY3000(これもARKさんと同じ機種)→そのwithアルプスの**→ED9
で揃えたい!DDCはイタリアの192kHzSが候補になるか?

不確定要素としてDDC+DAC+HPAの機種もちらほらしているのでそのことも気になる。

例えばonixDAC-25(鬼にキス?)とか
でも,イギリスサウンドで解像度とか空間が比較的いいほうなんだけど。高域のキラキラがちょっとなぁーって感じ。

ということで,良いお年を!!

2009.12.31   PIPI   URL   編集

>>MPS-5さん

ヨルマの AC LANDAとは、こだわってらっしゃいますね!
スピーカー環境でしか聴いたことがないですが、
あの中高域の透明感は好きです。

自分の方こそ、足回りのことなど聞かせて頂いて参考になります。
金属系のインシュレーターを試して見たくなりましたw

自分はメインがバランスEdtion9ですんで、
このアンプで中域を犠牲にせずに低域の量感を減らすのは無謀、
選択ミスと言われてしまいそうですが、
少しづつ詰めて行こうかと思っています。

これからも宜しくお願いします!

2009.12.31   ARK   URL   編集

>>たけさん

プラチナな組合せの電源ケーブルですね!
MBA-1Pとの組合せだと中低域の厚みや密度感、立体感が
良さそうだなと勝手に妄想してしまいますw
(C/P-004の音傾向しか知らないのであくまで妄想ですが…)

自分はシングルエンドのE8しか聴いたことがないですが、
確かにE9よりもモニタ的な印象ですよね。
たけさんのこと、E8も標準ケーブルのままではないのでしょうか。

たけさんも良いお年を!!

2009.12.31   ARK   URL   編集

>>PIPIさん

お久しぶりです~。

買ってしまいました!
この所相当ハイペースなんで、来年は少し控えめにしないといけないですよ~。

ウチだとE9でハイゲインの時にボリュームは9~10時の間くらいなので、
確かにゲインは少し低いかもですね。

hiFace気になりますね。
自分は来年聴きに行ってきます。
光出し出来れば、USBケーブルを間に噛ませて、
ポータブルに使って見たかったんですがそこが残念…。

onix、音を聴いたことがないのですが、
雑誌等でコストパフォーマンスが良さそうだなと思ってました。
DACとしての実力はいかに?

2009.12.31   ARK   URL   編集

あけおめ!

今年もよろしくお願いしますね。

そうそうMBA-1Pのゲインの件ですが、よく
考えれば、バランスにシングル接続してい
るわけだからゲインが不足するのは当然で
したね。

失礼!だからVR位置は15時を回って
おりました。

話変わりますが、金欠でAET SINうっぱら
いました。いつもより高額特典になっていてラッキーでした!

お店の人の話でもやはりこの時代が頂点だよって教えてもらえました。今のは、だめっぽだそうです!

onixのDACとしては、ポータブルよりは実力
あるとは思います。各サンプリングごとで音の違いがはっきりわかるから。でも、MY-D3000は絶対に超えられないかと。

ただ、USB入力でも192kHzSは魅力でした。

2010.01.02   PIPI   URL   編集

>>PIPIさん

自分も書き忘れてしまいましたが、
E9はシングルエンドではなくバランスでした。

ウチはシングルエンドのHFI680(75Ω)で10~11時位ですんで、
フジヤの展示品はゲイン設定が低いんでしょうか…。

SINはラッキーでしたね!
(電源ケーブルの方ですよね?)

最近は新製品(特に切り売り)が少なくなって、
あの頃のドキドキ感が無くなって来たかもしれないです。

onixのDAC-25、USB入力でも192kHzに対応しているし、
サンプリングレートコンバーターも結構良いのを乗せてるんですね。

2010.01.04   ARK   URL   編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010.05.01      URL   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます…

・2012.11.21

トラックバックURL
http://ark2t.blog106.fc2.com/tb.php/34-d46194fe




Copyright ©気ままにheadphone. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。