スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 【NORDST HEIMDALL】購入とケーブル店頭視聴  TopPage  やっと発売!AETの旗艦電源ケーブル【Evidence AC】 >>

コメント

お疲れ様でした

MBA-1 Platinumは全然気付かなかったです・・・
うーむ試聴したかったなぁ、
T1が後に控えてなかったら購入対象になっていたかも(笑)
そろそろバランスアンプが欲しいところですが、
これにしようかな・・・。

2009.11.04   Chris   URL   編集

>>Chrisさん

MBA-1 Platinum、自分もMSA-1Sの視聴が
終わるまで気が付きませんでした。

自分は買う事に決めましたが、
お金のメドが立つまで一時様子見です。

さあ、Chrisさんも一緒に♪

2009.11.04   ARK   URL   編集

はじめまして。
しゃけさんの所から来ました、たけです。
MBA-1 Platinum頼んじゃいました。
受注生産で製作に時間がかかるようですので、早くこちらへ~と誘ってみます。
(今ならギリギリ年内)

2009.11.06   たけ   URL   編集

>>たけさん

ネットでは、はじめましてでしたでしょうか!

前々回の祭りの際に、Sulcataさんと一緒に
ESW9、ESW10(ケーブル変更品含め)4台の机にいて、
お話させて頂いた黒尽くめの大柄の男です。
(当時はMicroDACとiQubeを黒いケースに入れて使っていました。)

もともとMBA-1Sの購入を検討していたこともあり、
もう買う事は決めているのですが、
後は踏ん切りと今年はボーナスが出るかだけなんですよ。
お正月休みにゆっくりと聞けるのは魅力ですね…。

2009.11.07   ARK   URL   編集

>>ネットでは、はじめましてでしたでしょうか!
リアルでは何度か御会いしていますが、こちらでは前回が初めてだったと思います。
自分はMBA-1Sを下取りにして、何とか資金捻出しました。
それにしても、今月(オーテク)と来月(PURATINUM)の予算がキツイです・・・

2009.11.08   たけ   URL   編集

お疲れ!

いや~!

MBA-1 Platinum聴きましたよぉ!インタシティではフラグシップ?ということで気にはなりますね。

電源容量170%増量中?と無駄に高額なアルプスの少女じゃねーやVRが効をなしているのか、音がしなやかで重心が下がって
音に品格が出てきた感じが第一印象。

ただ、音の抜けは余り良くなかったのはエージング不足な感があったからそこさえ問題ないなら候補か!?それともhpa1000か?
USB I/FでDAC付きなら買いたいな!(お金が...)

2009.11.08   PIPI   URL   編集

>>たけさん

覚えて頂いていて良かったです!

実は、MY-D3000を買う前にGCHAとDLIIIを売りに出したので、
もう手元に使っていない機材がほとんど無いのです…。

それにしても流石のハイペースですね!

2009.11.09   ARK   URL   編集

>>PIPIさん

お疲れ様です~。

高域の抜けは確かに良くは無いと思いましたが、
家で使っているのが上が伸びないHeadRoomの
バランスアンプなんで、それよりは全然アリかと
思った次第です。
(抜けのいい紐も入手予定ですので。)

本当はもっと欲しいアンプが1つあるのですが…。

>>無駄に高額なアルプスの少女
ワラタww

2009.11.10   ARK   URL   編集

MY-D3000欲しくなってきました
でもさきだすものがないのです

あと10万くらい安ければ...

2009.11.29   中年A   URL   編集

>>中年Aさん

たしかに、30万越えは厳しいものがありますよね。

もう少し出せば、それなりのCDプレーヤー・プリメインアンプ・
スピーカーがセットで買える値段ですもんね。


ただ、当初は50万位で売り出す予定が、景気が悪くなったため
ケースをグレードダウンして売値を抑えたそうで、
そこはまだマシだったかも?

さすがに50万は厳しすぎです。

2009.11.29   ARK   URL   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ark2t.blog106.fc2.com/tb.php/32-f741fcfc


秋のヘッドホン祭の感想

1ヶ月ぶりでございます。
10月31日(土)は、秋のヘッドホン祭に参加してきました。

色々と楽しい出来事がたくさんあり、
マラソン視聴ならぬ、駆け足視聴でしたが、感想+αをつらつらと…。



----------------------------------------------------------------------------
■ Antelope ZODIAC ■
----------------------------------------------------------------------------
Antelope(アンテロープ)は、プロオーディオ分野で有名なAPOGEEで、
マスタークロック Big Ben を設計されていた方が立ち上げたメーカーとの事です。



こちらはそのAntelopeのDAコンバーター+ヘッドホンアンプ ZODIAC です。
ヘッドホン祭でいつもお世話になっている友人の方のお勧めという事で、
まず初めに視聴しました。

音は、一言で言うと高精度な望遠鏡で遠くの景色を眺めているような感じ。
音場は箱庭的、一個一個の音像は小さく目の前の狭い空間で鳴っている印象です。
但し、一つ一つの音のフォーカスは正確で分離は良好です。
これは、ルビジウムクロックを搭載している効果でしょうか。

正確な音の割りに、ギターを激しく爪弾くアタック音など高域が刺々しくなく
滑らかさを感じるのは意外でした。
32ビット処理の効果か、高域の粗はあまり出さないように調整されていそうです。

当日の展示品は32ビット処理でデモされていましたが、
製品版は64ビット処理も出来るとの事です。

ダイナミックさや音の勢いはあまり無く色彩感も程々で、
冷静にCDの情報を再生する感じでした。
出来ればソースは自分のCDで視聴したかったです。


----------------------------------------------------------------------------
■ インターシティ MBA-1 Platinum ■
----------------------------------------------------------------------------
今回は目玉が無いのかと思ったら、色々と驚いた事がありました。
一つはもう各所でレポされている MBA-1 Platinum (右上段)です。



自分が伺ったMBA-1Sからの変更点は…
(1)アッテネーターを、アルプスの超高級ボリュームRK50(4連)に変更。
(2)コンデンサなど部品を見直し
(3)電源部分の強化
とのこと。
 
音は、MBA-1Sよりも格段に定位がビシッと決まって、
背景と音との分離、立体感に歴然の差が有ります。
音にブレが無く、ピントが合っている感じでした。

また、グイグイ音が前に出てくるMBA-1Sよりも
一歩引いて全体が見通せるような、音場の広がりを感じました。
左右の音の広がりも合ったような気が…。
これは個人的にかなりうれしい変更です!

上流が前回の祭り同様、ヤマハのCD-S1000 or CD-S2000だったと思いますので、
ぜひ、もっと良い上流に繋いで見たいとワクワクさせてくれるアンプでした。

MBA-1Sを買おうか迷っていた自分には決定打になっちゃいましたw
約33万円という事で、高くてすぐには買えないけどお金貯めて買うぞ!!


もう一つは、世に出した製品を年々地道に製品を改善していく
インターシティの中の人の熱意・姿勢です。
具体的には、MSA-1SのアナログRCA入力の音の改善です。

前回の祭りでは、MSA-1SはRCAでヤマハのCDプレーヤーと接続されていました。
自分がその環境で音を聞いた時には、高域がピーキーで線が細く、
中・低域にも力が無く、思わず良くないですと言ってしまいました。

この時は、XLR接続に繋げ直すので聴いて欲しいとの説明を受け、
再視聴しましたが、インターシティーらしい中低域の密度感がある
音になり納得した次第です。

今回は、この部分も結構見直しをされたらしく、RCA入力の音も
かなりXLRに肉迫し、密度感と分離の良さが両立していました。
細かい部分ですが、こういう少しづつ改善して行く姿勢に感銘を受けたのです。


----------------------------------------------------------------------------
■ フォステクス HP-A3・HP-A7・HP-A9 ■ 
----------------------------------------------------------------------------
目玉は、ベイヤーのT1と並んで、今回の高級ヘッドホンの注目株、
漆塗りハウジングのヘッドホンです。

ああ…、これも写真が逆光になってしまい、まともなものが撮れませんでしたorz。

また、モックのみですが、バランス駆動ヘッドホンにも対応する
A級ヘッドフォンアンプを搭載した32bit DAC、HP-A9が展示されていました。



32bit DACという事で、個人的には下位機種にも使われている、
旭化成エレクトロニクスのDACチップが使用されている事に期待したいです。

今回は、展示のみのため、コンセプトカー的な意味合いで鏡面仕上げにしたが、
本番はヘアライン仕上げにするとの事でした。


そして、HP-A3です。


シーテックの時は本体色がシルバーでしたが、ブラックに変更された模様です。
20日で外装全変更はフットワークが軽いですね。

音は、定価3万前後の製品の音とは思えないくらい完成度が高かったです。
高域も結構出ていたし、細かい音も拾う、スッキリしていますが密度感もあり、
薄っぺらい音にならない印象でした。

USBバスパワーで動作可能との事で単体DACとしての性能・音色がかなり気になります。
ポータブルUSB DACとしての実力はいかほどか?


最後に、HP-A7です。


こちらは、中高域にほんのり艶があり、HP-A3より低域の量が少し多くなっていました。
HP-A3よりも少し柔らかい音でした。

  
----------------------------------------------------------------------------
■ Glasstone MY-D3000 ■
----------------------------------------------------------------------------
MY-D3000買いましたって言ったらかなり喜んでくれました!
説明した下さった方もとても気さくな方で色々と勉強させてもらいました。
写真は……、話に夢中で取り忘れましたorz

グラストーンの製品を聞いて思ったことは、空間がとても広いなぁということでした。
音の定位位置は頭の中心からそれほど遠くないのですが、
そこから頭外への広がりがあります。
MY-D3000もとても開放的な音ですが、HPA-20と組み合わせると
その傾向がさらに増幅されます。

DACのMY-D3000は10年ぶりのモデルチェンジです。
(ちなみに、HPA-20は8年前のモデルですが、後継機種を鋭意製作中との事でした。)

搭載チップのAK4399は、AK4397など他の旭化成エレクトロニクスのチップと違って
癖があるチップとのことで、特性がきちんと出るように苦心されたと話されていました。
他のメーカーさんからAK4399搭載の製品がなかなか出て来ないのは、その辺の対応に
工夫が必要だから時間が掛かるのでは?との事。

AK4399とAK4397は別物のチップチップと考えてくださいと
力説されていたのが印象に残りました。


----------------------------------------------------------------------------
■ ACOUSTIC REVIVE RHP-S1 ■
----------------------------------------------------------------------------
言わずと知れた、独自理論のアクセサリ&ケーブルを展開するブランドです。
ここにはちょっと他には無い形のヘッドホンが。



RHP-S1という機種です。ミニXLRプラグの交換式ケーブルを使用できるようで、
AKGのStudioシリーズと同じような仕様です。

線材はもちろん、アコリバの代名詞、楕円PCOCC-A単線です。
プラグのメッキもアコリバの壁コン譲りの銀+ロジウムと、
ここまでは問題ないのですが、

ハウジングの素材にトルマリンパウダー含有とか、
天然シルクアブソーバーでハウジング内部の定在波を拡散…とか
もうアコリバ節が炸裂(笑)。
でも売り文句は微妙ですが、アクセサリは効果があるんですよね。

オプションで、自社製無ハンダ・ネジ止め式XLRプラグの用いた
バランス接続用のケーブルも準備中ってチラシに書いてありましたが、
あのプラグ、1個で定価\15,000だった気が…。
ケーブルいくらになるんだろう…。


----------------------------------------------------------------------------
■ BEYER T1 ■
----------------------------------------------------------------------------
人多すぎて聴けなかったですorz
早く試聴機入れてね、フジヤさん♪


----------------------------------------------------------------------------
■ その後 ■
----------------------------------------------------------------------------
撤収後は、毎回恒例のオフ会に自分も混ぜてもらいました。
なんか回を重ねるごとに参加される方の年齢層が若くなっている気がする…。

不勉強で恥ずかしいのですが、参加していた方に聞かせて頂いた、COWONのDAPの
音の良さにちょっと驚きました。
O2PMPって機種だったかなぁ…、高域の抜けの良さが好印象でした。
自作ケーブルの話も出来て楽しかった!
メイドかわいいよメイド。(謎)


ということで、次回は春になるのでしょうか、
フジヤさんと色々とお話してくださった方々に感謝!!

<< 【NORDST HEIMDALL】購入とケーブル店頭視聴  TopPage  やっと発売!AETの旗艦電源ケーブル【Evidence AC】 >>

コメント

お疲れ様でした

MBA-1 Platinumは全然気付かなかったです・・・
うーむ試聴したかったなぁ、
T1が後に控えてなかったら購入対象になっていたかも(笑)
そろそろバランスアンプが欲しいところですが、
これにしようかな・・・。

2009.11.04   Chris   URL   編集

>>Chrisさん

MBA-1 Platinum、自分もMSA-1Sの視聴が
終わるまで気が付きませんでした。

自分は買う事に決めましたが、
お金のメドが立つまで一時様子見です。

さあ、Chrisさんも一緒に♪

2009.11.04   ARK   URL   編集

はじめまして。
しゃけさんの所から来ました、たけです。
MBA-1 Platinum頼んじゃいました。
受注生産で製作に時間がかかるようですので、早くこちらへ~と誘ってみます。
(今ならギリギリ年内)

2009.11.06   たけ   URL   編集

>>たけさん

ネットでは、はじめましてでしたでしょうか!

前々回の祭りの際に、Sulcataさんと一緒に
ESW9、ESW10(ケーブル変更品含め)4台の机にいて、
お話させて頂いた黒尽くめの大柄の男です。
(当時はMicroDACとiQubeを黒いケースに入れて使っていました。)

もともとMBA-1Sの購入を検討していたこともあり、
もう買う事は決めているのですが、
後は踏ん切りと今年はボーナスが出るかだけなんですよ。
お正月休みにゆっくりと聞けるのは魅力ですね…。

2009.11.07   ARK   URL   編集

>>ネットでは、はじめましてでしたでしょうか!
リアルでは何度か御会いしていますが、こちらでは前回が初めてだったと思います。
自分はMBA-1Sを下取りにして、何とか資金捻出しました。
それにしても、今月(オーテク)と来月(PURATINUM)の予算がキツイです・・・

2009.11.08   たけ   URL   編集

お疲れ!

いや~!

MBA-1 Platinum聴きましたよぉ!インタシティではフラグシップ?ということで気にはなりますね。

電源容量170%増量中?と無駄に高額なアルプスの少女じゃねーやVRが効をなしているのか、音がしなやかで重心が下がって
音に品格が出てきた感じが第一印象。

ただ、音の抜けは余り良くなかったのはエージング不足な感があったからそこさえ問題ないなら候補か!?それともhpa1000か?
USB I/FでDAC付きなら買いたいな!(お金が...)

2009.11.08   PIPI   URL   編集

>>たけさん

覚えて頂いていて良かったです!

実は、MY-D3000を買う前にGCHAとDLIIIを売りに出したので、
もう手元に使っていない機材がほとんど無いのです…。

それにしても流石のハイペースですね!

2009.11.09   ARK   URL   編集

>>PIPIさん

お疲れ様です~。

高域の抜けは確かに良くは無いと思いましたが、
家で使っているのが上が伸びないHeadRoomの
バランスアンプなんで、それよりは全然アリかと
思った次第です。
(抜けのいい紐も入手予定ですので。)

本当はもっと欲しいアンプが1つあるのですが…。

>>無駄に高額なアルプスの少女
ワラタww

2009.11.10   ARK   URL   編集

MY-D3000欲しくなってきました
でもさきだすものがないのです

あと10万くらい安ければ...

2009.11.29   中年A   URL   編集

>>中年Aさん

たしかに、30万越えは厳しいものがありますよね。

もう少し出せば、それなりのCDプレーヤー・プリメインアンプ・
スピーカーがセットで買える値段ですもんね。


ただ、当初は50万位で売り出す予定が、景気が悪くなったため
ケースをグレードダウンして売値を抑えたそうで、
そこはまだマシだったかも?

さすがに50万は厳しすぎです。

2009.11.29   ARK   URL   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ark2t.blog106.fc2.com/tb.php/32-f741fcfc




Copyright ©気ままにheadphone. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。