スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 明けましておめでとうございます  TopPage  新トランスポートの導入 >>

コメント

>色々と惜しいケーブルでした。
工工工工工工エエエエエエ(´д`)
やっぱりアコリバは完成品じゃないと魔法が効かな(ry

電ケーも興味深いですが、USB-101向けにUSBケーブルの
強化なんて面白そうですねえ。やっぱり音変わるのかな?
流石にこの手のケーブルは流用できませんが(^^;)。

2008.12.16   しゃけ   URL   編集

>>しゃけさん
アコリバの切り売りケーブルには、
魔法無効化(マジック・キャンセル)能力があ(ry

昔は、完成品もオヤイデの単品販売プラグのと
大きく変わらないプラグ使ったり、
自社のコンセントを単品販売してたのに…。

>USBケーブルの強化
コレで大きく音が変わったら、
電源・光ケーブルよりはるかにオカルトちっくですねぇ。
そういう意味では興味があるかもですw

2008.12.16   ARK   URL   編集

しゃけさんと同じくエエエエエェェェェェェ
ってかんじですね ^^;;;

アコリバは、RGC-24という仮想アースの製品しか持っていません
こいつは、背景が澄み切った感じになりますよー

USBケーブルの強化ですが、
高価なUSBケーブルってお目にかかったことないんですよね ^^;;;
試している人っていらっしゃるのかなーと気になっています

2008.12.27   中年A   URL   編集

>>中年Aさん
RGC-24結構聴きそうですね~
CCR-DXやDSIXなどアコリバの製品は
愛用してますので、個人的にアコリバは
ブランドとして結構信用してます!

USBケーブルは試したくなって来てますw
色々探してみたのですが、最有力だった
BELKINが国内販売終了とのことで、
さてどうしようか?と言った状況なんです。

2008.12.30   ARK   URL   編集

USBケーブルの件は、ぜひとも試してもらいたいです

これで、音が変わるとなると、高額なUSBケーブルなんかが
増えてくるのでしょうかね???

2009.01.25   中年A   URL   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ark2t.blog106.fc2.com/tb.php/25-14b08bc5


【電源強化 第2段】 自作電ケーその①

10月、11月は電源強化月間ということで、何本か自作電源ケーブルを作りました。
参考になるか分かりませんが、また自己満足感想文をお送りいたします。

Imgp09700.jpg

ケーブルは ACOUSTIC REVIVE の POWERMAX8800
プラグ・コネクタは、オヤイデの P-037、C-037 を使用しています。
材料費は2万円以下で済みました。

ちなみに、外装チューブ等飾り気が無いのは、ケーブル外径が15mmと太く、
プラグからケーブルを出す部分の内径ギリギリで、通すのが大変だったためです。
仕様上は最大適応外径17mmですが、17mmのケーブルを通すのは相当苦労しそうです。

ヘッドホンアンプに使った時とプレーヤーに使った時でかなり傾向が変わるような、
ちょっと面白いケーブルでした。

なお、聴き比べの際の基準とした電源ケーブルは下記です。
 ・ヘッドホンアンプ : AET SIN (製品)
 ・DAC : アクロリンク 6N-P4060F + オヤイデ C-046 、P-046 (自作)
 ・CDトランスポート : AET SCR AC + AET PSE-018HR 、PSE-320HR (自作)
-----------------------------------------------------------------------------------
【ヘッドホンアンプに使用】
 音の厚み、艶や響きと言った芸術性を重視する音ではなく、癖が無い写実系の音です。
 ただし、SIN の様にカッチリと音の輪郭を描き、タイトに引き締まったタイプではなく、
 柔らかい輪郭の描き方で、SINほどに音を引き締めず少しふくらみを感じます。
 細かい音のニュアンスはSINの方が克明に描きますが、吸い込まれそうな
 微粒子感があり、滑らかさもあります。
 
 帯域バランス的にはやや低域寄りで、高域が伸びないのが最大の悩み所です。
 高域の伸びはもちろん、低域の沈み込みもSINの方が上ですが、低域の量感は
 POWERMAXの方があります。
 
 SINの方が音場は狭く感じますが立体的です。
 POWERMAXはSINに比べると、音の定位位置が頭の中心から少し遠く、
 そこから頭外方向への音の広がりも狭くありません。

 落ち着いたトーンの印象で硬質感はありませんが、AET SINの様に澄み切った
 透明感は無く、ほんの少しもやがかかったような印象です。
 高域が出てくれたら、かなり使えるケーブルに化けるのに…、惜しいなぁ。

-----------------------------------------------------------------------------------
【DACに使用】
 アンプに使用したときよりも音の大きさが大きくふくらんだ印象で、音の輪郭の描き方も
 かなりやわらかくまったりとしています。
 
 帯域バランス的には、中域~低域よりです。
 アンプに使用したときより若干高域が伸びず、加えて低域も一回り沈みません。
 ただし、低域の量感はアンプ使用時と同様で多めです。

 これは個人的にあまり好みではありませんでした。

-----------------------------------------------------------------------------------
【CDトランスポート(以下CDT)に使用】
 AET SCR (自作) との比較になります。
 高域が伸び伸びと出るようになり、中~高域がスッキリとクリアになりました。
 アンプに使ったときとは全く違う印象です!
 上まで出ると言っても、変にキンキンとして固く金属的な高域ではないです。
 低域はSCRよりも沈まなく、量感も少ないため、帯域バランス的に高域寄りの
 バランスになります。
 
 これは良い!!と初めは、CDTはこのケーブルをしばらく使っていたのですが、
 聴き込んで来ると、中~高域の質感が少し悪いことに目に付き始めました。
 なんと言うか、ボーカルの少し上からギターくらいの帯域にかけて、
 音の表面が平らで細かいニュアンスを感じることが出来ず、
 中身のあまり詰まっていない少し密度の薄い音に感じました。

 これは気が付かないと気にならないレベルでしたが、一度気が付いてしまうと
 そこに意識が行ってしまい、なんだか音楽を聴いていても気持ち良くない感じです。
 CDTに使用したときだけこの傾向が出るようで、一番印象の良かった使い方だけに残念!

 ただ、自分がこれまで使った10数本の中では、上流に使うか下流に使うかで、
 ここまで音の傾向が変わってしまうケーブルもあまり無いように思いました。

 また、余談ですが、自分の家の環境で AET SIN をCDTに使うと、
 キンキンとした固く金属的な高域になってしまい、下流のDAC、アンプの
 電源ケーブルをいくら変えてもきつさが取れませんでした。
 硬い音好きの自分でも少しやり過ぎに感じますから、自分のように自宅の
 壁コンがロジウムメッキ系の場合、SINをCDTに使うのはかなり人を選ぶかもしれません。

-----------------------------------------------------------------------------------

色々と惜しいケーブルでした。

製品版の電源プラグ・コネクタは、電極部分に超低音処理をしているとのことで
この不満点が改善されているかもしれません。
ただ、紐だけ買うなら数千円ですが製品となると数万円ですので、
あまり変わらなかった時が痛すぎますから手が出ないです。
(プラグ・コネクタは流用できますので…。)

個人向けに超低音処理を請け負っているメーカーでも、
電源プラグ・コネクタや壁コンなど保守部品はやってくれないようです。
やってくれたら色々と試したいことがあるのですが…。

さて、実はもう1本作った電ケーがあるのですが、それはまた次回以降ということで!!
ではでは~。

<< 明けましておめでとうございます  TopPage  新トランスポートの導入 >>

コメント

>色々と惜しいケーブルでした。
工工工工工工エエエエエエ(´д`)
やっぱりアコリバは完成品じゃないと魔法が効かな(ry

電ケーも興味深いですが、USB-101向けにUSBケーブルの
強化なんて面白そうですねえ。やっぱり音変わるのかな?
流石にこの手のケーブルは流用できませんが(^^;)。

2008.12.16   しゃけ   URL   編集

>>しゃけさん
アコリバの切り売りケーブルには、
魔法無効化(マジック・キャンセル)能力があ(ry

昔は、完成品もオヤイデの単品販売プラグのと
大きく変わらないプラグ使ったり、
自社のコンセントを単品販売してたのに…。

>USBケーブルの強化
コレで大きく音が変わったら、
電源・光ケーブルよりはるかにオカルトちっくですねぇ。
そういう意味では興味があるかもですw

2008.12.16   ARK   URL   編集

しゃけさんと同じくエエエエエェェェェェェ
ってかんじですね ^^;;;

アコリバは、RGC-24という仮想アースの製品しか持っていません
こいつは、背景が澄み切った感じになりますよー

USBケーブルの強化ですが、
高価なUSBケーブルってお目にかかったことないんですよね ^^;;;
試している人っていらっしゃるのかなーと気になっています

2008.12.27   中年A   URL   編集

>>中年Aさん
RGC-24結構聴きそうですね~
CCR-DXやDSIXなどアコリバの製品は
愛用してますので、個人的にアコリバは
ブランドとして結構信用してます!

USBケーブルは試したくなって来てますw
色々探してみたのですが、最有力だった
BELKINが国内販売終了とのことで、
さてどうしようか?と言った状況なんです。

2008.12.30   ARK   URL   編集

USBケーブルの件は、ぜひとも試してもらいたいです

これで、音が変わるとなると、高額なUSBケーブルなんかが
増えてくるのでしょうかね???

2009.01.25   中年A   URL   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ark2t.blog106.fc2.com/tb.php/25-14b08bc5




Copyright ©気ままにheadphone. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。