スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 備忘録 & 雑記  TopPage  遅くなってしまいましたが… >>

コメント

あんまり機器がないので、市販のもので足りてしまうのですが
自作できるのはうらやましー

今回のは銀線使っているとのことなので、自分の好みではなさそうですが(^^;;;


ところで、たぬきさんからは火災報告はきませんね(^^;;

うーんよかったよかった

2008.02.16   中年A   URL   編集

うーみゅ

先週は本当にありがとうございました!
おかげさまで(せいで?)今非常に個人的に熱い分野です!

これ、きっとあたし好みっぽい感じですね!
いつかきっと壁コンも・・・。



>>火災報告

ゴメンナサイ・・・。
まだ作成できていないんです・・・。
今週中には作っていきたいところです。

2008.02.17   たぬき   URL   編集

うーん

そういえば地元の本屋に例の本を頼んだのにまだ来ないです(;_;...

あ、でもそれでもよかったかも...
昨日、熱出して頭痛で死んでました

なんか以前と音の聞こえ方が違うような...
7年前くらいにも同じ事があってモニター系だめになったような...


たぬきさんへ

火災報告は、まじでかんべん(^^;;;

2008.02.23   中年A   URL   編集

>>中年Aさん

確かに火災は怖いので
なかなか自作に行きにくい分野ですよね。
電源ケーブルはケーブル自作の中では
最も作成が簡単部類に入るので
悩ましいところではありますが…。

自分は、作る時に素線の端部を
軽く半田付けしてバラけない様にし、
年1回プラグ・コネクタの素線を固定している
ねじ止め部の締め力メンテをしています。

2008.02.27   ARK   URL   編集

>>たぬきさん

おかげ(せい?)だなんて、いえいえどういたしましてw

確かにこの壁コンは両方ともお好みだと思いますよ。
使い分けも楽しいですしお薦めです。

ケーブルの方は、物が電源ですから急いで作って
失敗するよりも、ゆっくり確実に作ってくださいねぇ~。

2008.02.27   ARK   URL   編集

>>中年Aさん

書店取り寄せだと結構かかるのですね。
自分は直接出版社の通販を使ったので
到着まで早かったような…。
電源ケーブル選びには結構参考になる本ですよね。

2008.02.27   ARK   URL   編集

きたー(^^)/

やっと本きました
今、ニヤニヤして見ています(危ないおじさんだ

久しぶりにSTAXの音を聴いたのですが、現時点で悪くないじゃんって、うーん

さらに、なんか本見ているうちに電源ケーブルでなく別のものに目が...(^^;;;

電源BOXがーーー
このページを見たのがつきかも...
現在SAECのTAP MATE使っているので、ランクアップするにはどれがいいのやら(^^;;;

>電源ケーブルはケーブル自作の中では
>最も作成が簡単部類に入るので

そうなんですよね、コネクタ部が大きいのでやりやすいはず?なんですけど...

たぬきさんには、作成奮闘記を連載してほしいなと(^^;;;

2008.02.27   中年A   URL   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ark2t.blog106.fc2.com/tb.php/16-b7ddf491


電源アクセサリー熱

先週末、電源アクセサリー談議に花を咲かせていた
こともあり、勢いで購入してしまいました。



【OYAIDE R1 Beryllium】です。
雑誌で高評価の壁コンでずっと気になっていましたが、
電源アクセサリー熱の再燃の勢いで購入。

早速、取り付けてみました。
Imgp06190.jpg

今まで使っていた【ACOUSTICREVIVE CCR-DX】2つ(右)はそのままに、
【OYAIDE R1 Beryllium】を一つ(左)追加しました。

音質ですが、HeadRoom Balanced Home Ampの電源ケーブルを
繋ぎ換えて両者の特徴を比較しました。
(CDP、DACの電源ケーブルはCCR-DXに接続。)

どちらの壁コンも(1)~(3)のような特徴は共通しています。
(1)高域、中域、低域の帯域バランスは比較的フラット
(2)艶や響きを重視するタイプではなく、締まった音質でスピード感がある
(3)音と音との分離感に優れ、立体感がある


【R1】は、一つ一つの音の焦点がしっかりと合っている印象で、
音の細部まで描く描写力に驚きました。
そのため、音の輪郭を強調しなくとも十分分離感があります。
(CCRは音の輪郭を強調することで分離感・立体感を出している)

音の焦点がしっかり合っているためでしょうか、
音や背景の透明感が半端ではありません。

音の細部まで描く描写力と音の透明感は明らかにR1が上です。
ただ、全てが上と言う訳ではなく、R1はCCR-DXに比べて
一つ一つの音がきゅっと締まっているため、迫力やスケール感
という点では一歩譲ります。


【CCR-DX】は、R1より、やや刺激的な高域で、
低域の量感は若干多いと思います。
銀メッキ下地のためか、銀線のmini-miniケーブルを
使った時のような独特のキラキラ感を若干感じました。

音の焦点の合い具合はR1に比べ若干甘く、
一音一音が若干太いような印象を受けました。
音は若干太めですが、輪郭線をかなり強調する特徴のため
分離感は良好で十分立体的です。

若干の音の太さが良い方向に働いているのは、
ギターのストリングスなど楽器の音が一歩前に出てくるような
迫力がある点です。
Rodrigo y Gabrielaなど激しく熱いストリングス曲には、
こちらの方が聴いていて気持ちいことが多いですね。

しばらくはこの2つをメインに使い分けようと思います。
先鋭的な音が好きな方にはお薦めな
壁コンでした~。ヾ(≧▽≦)ノ

<< 備忘録 & 雑記  TopPage  遅くなってしまいましたが… >>

コメント

あんまり機器がないので、市販のもので足りてしまうのですが
自作できるのはうらやましー

今回のは銀線使っているとのことなので、自分の好みではなさそうですが(^^;;;


ところで、たぬきさんからは火災報告はきませんね(^^;;

うーんよかったよかった

2008.02.16   中年A   URL   編集

うーみゅ

先週は本当にありがとうございました!
おかげさまで(せいで?)今非常に個人的に熱い分野です!

これ、きっとあたし好みっぽい感じですね!
いつかきっと壁コンも・・・。



>>火災報告

ゴメンナサイ・・・。
まだ作成できていないんです・・・。
今週中には作っていきたいところです。

2008.02.17   たぬき   URL   編集

うーん

そういえば地元の本屋に例の本を頼んだのにまだ来ないです(;_;...

あ、でもそれでもよかったかも...
昨日、熱出して頭痛で死んでました

なんか以前と音の聞こえ方が違うような...
7年前くらいにも同じ事があってモニター系だめになったような...


たぬきさんへ

火災報告は、まじでかんべん(^^;;;

2008.02.23   中年A   URL   編集

>>中年Aさん

確かに火災は怖いので
なかなか自作に行きにくい分野ですよね。
電源ケーブルはケーブル自作の中では
最も作成が簡単部類に入るので
悩ましいところではありますが…。

自分は、作る時に素線の端部を
軽く半田付けしてバラけない様にし、
年1回プラグ・コネクタの素線を固定している
ねじ止め部の締め力メンテをしています。

2008.02.27   ARK   URL   編集

>>たぬきさん

おかげ(せい?)だなんて、いえいえどういたしましてw

確かにこの壁コンは両方ともお好みだと思いますよ。
使い分けも楽しいですしお薦めです。

ケーブルの方は、物が電源ですから急いで作って
失敗するよりも、ゆっくり確実に作ってくださいねぇ~。

2008.02.27   ARK   URL   編集

>>中年Aさん

書店取り寄せだと結構かかるのですね。
自分は直接出版社の通販を使ったので
到着まで早かったような…。
電源ケーブル選びには結構参考になる本ですよね。

2008.02.27   ARK   URL   編集

きたー(^^)/

やっと本きました
今、ニヤニヤして見ています(危ないおじさんだ

久しぶりにSTAXの音を聴いたのですが、現時点で悪くないじゃんって、うーん

さらに、なんか本見ているうちに電源ケーブルでなく別のものに目が...(^^;;;

電源BOXがーーー
このページを見たのがつきかも...
現在SAECのTAP MATE使っているので、ランクアップするにはどれがいいのやら(^^;;;

>電源ケーブルはケーブル自作の中では
>最も作成が簡単部類に入るので

そうなんですよね、コネクタ部が大きいのでやりやすいはず?なんですけど...

たぬきさんには、作成奮闘記を連載してほしいなと(^^;;;

2008.02.27   中年A   URL   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ark2t.blog106.fc2.com/tb.php/16-b7ddf491




Copyright ©気ままにheadphone. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。